宝くじ売り場で期限をのぼりでお知らせ

締め切り宝くじに当たったら何を買おうか、宝くじに当たったら何を食べようかと、
当たっても当たらなくても楽しい時間を過ごせることが宝くじの魅力です。
宝くじ

宝くじを買う人は多く、人気の売り場には、長い行列ができます。

また、少しでも当たるようにと、縁起の良い大安を選んで買ったり、
運が付くようにとトイレに保管する人もいると言います。

たくさんの人に人気がある宝くじは、目立つのぼり旗がたくさん立っていると、
気持ちが盛り上がりこの売り場で買おうという気持ちになるのでおすすめです。

のぼりがたくさんある宝くじ売り場は、効果的な活気があり、人気があるような
印象を与えます。

また、のぼりで、期限などのお知らせもできるので、買うかどうか
悩んでいた人の気持ちを後押しする効果や、買おうと思っている人への
お知らせなど、たくさんの人に、のぼりが情報を伝えてくれるため、
効果が高くおすすめです。

当たったことがある人も、のぼりを見るとまた買いたくなったりすることがあると言います。

 

箕面山瀧安寺の富くじが起源!宝くじの歴史

ところで皆さんは宝くじの起源についてご存知ですか?

その起源は大阪の箕面山瀧安寺が江戸時代に行われた富くじにあると言われています。
元々は抽選に当選した人間に幸運のお守りをプレゼントするものだったそうですが、寺社間での競争が進んだことでそれがお守りから金銭へと変化したのです。

一時はギャンブル性が高いと徳川幕府から禁止令が出されましたが、幕府が財政難で寺社の修理費用を賄えなくなったことで、幕府公認となり寺社はその売上の費用を使って寺社の修理を行いました。
現代の宝くじも収益の一部は公共事業に使われているので、そういった点も似ていますね。
ちなみに当時の一等の当選金額は現代の価値でおよそ3000万円から5000万円だったそうです。

しかしそんな富くじも天保の改革によって再び禁止令が出されてしまいます。
非公式な形では宝くじはその後も庶民の文化として行われていきますが、政府公認の形で復活するのは禁止令が出されてから103年後の昭和20年になってからのことです。

復活の理由は戦争で、太平洋戦争の戦費を調達するために勝札という名前で販売されました。 ただしこの勝札は当選者が出るよりも前に戦争が終結してしまい、負札と呼ばれてしまいます。

 

designed by SPICA

2019 6/28 nobori
のぼり旗を有効的に使う方法を知りたい